セントレジスホテル大阪

セント レジス ホテル 大阪とDiners clubによるコラボレーションイベント

イタリア トスカーナで1000年に及ぶ歴史を持つリカーゾリ家と中東シェフの織り成す一夜限りのワインディナー
6種のワインとゲストスピーカー2名によるストーリーに耳を傾けながらお楽しみください。
日程  2014年12月4日(木)
時間  18:30 開場
19:00 スタート
場所  12F イタリア料理 「ラ ベデュータ」
料金 ¥24,000(税金・サービス料込み)
Diners club会員の方は、特別価格¥18,000
(Diners club会員様はご予約時にお伝えください)
6種のワイン  [1] Rosato アペリティフとして
[2] Torricella
[3] Casalferro
[4] Chinati Classico Castello di Brolio
[5] Runello di Montalcino
[6] Vin Santo
その他 ラッキードローあり
お問い合わせ 06-6258-3333(代表)

ゲストスピーカー

フランチェスコ・リカーゾリ男爵トスカーナ州キアンティ・クラッシコの名門リカーゾリ家の32代目男爵。
祖先にはイタリア王国2代目首相で「鉄の男爵」と呼ばれたベッティーノ・リカーゾリがいる。
ベッティーノはキアンティワインを生み出した人物で、その舞台が12世紀に遡る歴史を持つブローリオ城であった。フランチェスコは伝統を重んじながらも、現代の味覚に合った優美なワインを造りだしている。日本文化、特に刀に造詣が深い。
宮嶋 勲 氏1959年京都生まれ。東京大学経済学部卒。83~89年までローマの新聞社に勤務。
現在、日本とイタリアで、ワインと食について執筆活動を行っている